FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

必殺技推奨。

フィギュアスケートの世界選手権。

男子のショートが終わって、日本の高橋大輔選手がトップに立ちました。
それはとても喜ばしいことですが、釈然としないことがひとつあります。
4T-3Tを決めたジュベール選手が、3位に甘んじていることです。

…あれか。また『見栄え』か。

男子にとっての4回転、女子にとっての3回転半は格ゲで云うところの『超必殺技』だし。
審判はもうちょっとダメージくらってもいいんじゃないですか(´А`)
数少ない一流の選手のそのまた一握りしか飛べない、それは評価されるべきだと思うんですが。

そもそも、やれ回転不足だエッジエラーだって細かくルール決めてる割には
素人が見ても(スローとかだけど)「回転足りてなくね?」ってジャンプが認定されたり
もう一瞬で判断出来ないならそんなルール作んなよって思いますよ。

織田選手を見て改めて思いました。ジャンプってホント凄い勇気を持って飛ぶんだと。
少しでも迷うと1回転さえままならないのだと。
それなのにジャッジが「今のジャンプは難易度は高いかもしれないけど(個人的主観で)見栄えが悪いから-1点!!」とか
一体なんなんだ。
せめて、見栄えによる加点の上限が、一段階上のジャンプの基礎点を超えないようにしてください。

その他の要素を見ても、ジュベール選手の点はやっぱり低過ぎるように思えてなりません。
この辺は、それこそ素人の主観なのでどうこう言えないですけど。
でも、完璧に観客を引っ張っていってたように感じました。

なんだか複雑な思いではあるのですが、やっぱり日本人選手が頑張ってくれるのが一番嬉しいので
フリーでは高橋選手、小塚選手を全力で応援します。

<< 浅田真央選手の「鐘」 | ホーム | うわぁ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。